Header Image - 宮村鉄工公式ブログ

L’OCZHITタブレット版

by hajimechan

部品取付抜かりなどを手軽にチェックしたいとの要望が多かったのでタブレット版を 開発しています。近日中に正式公開されると思います。

グランドポイント設定及び移動回転の操作方法

by hajimechan

同じ操作パネルですが、動きが違います。

なんか伝わりにくいので動画にしました。

グランドポイント設定と移動・回転モードの操作方法です。
見た目は同じですが、内容が違います。

● グランドポイント設定
GPをタップした時、決めた場所に戻ってきます。
要するに原点決めです。

● 移動・回転モード
見た目をちょっと移動させたり回転する時に使用します。
GPをタップした時、グランドポイント設定で決めた場所に戻ります。

HoloLens側のメニュー説明

by hajimechan

  1. 製品選択へ戻る
  2. グランドポイント設定
  3. 移動・回転モード
  4. 描写の種類
  5. 部材情報表示モード
  6. 表示クリア
  7. ログアウト

1. 製品選択へ戻る

表示させたい3Dホログラムを変更する時にタップします。

2. グランドポイント設定

グランドポイント(以降GP)を見ながらタップした時、3Dホログラムの表示させる位置を決定します。
例えばH鋼の天端に若番側にGPをセットし、なにも移動させない場合はそのまま「OK」をタップします。

3. 移動・回転モード

操作画面にて自由に移動させることが出来ます。GPをタップした場合、「2.グランドポイント設定」で決定した場所に表示が戻ります。

4. 描写の種類

3Dホログラムの表示の種類です。全部で3種類あり、それぞれ特徴があります。

ソリッド

ソリッド
標準的な描写です。3Dホログラムは見やすいのです。現実の鋼材と重ねると主張が強いです。

ワイヤーフレーム

ワイヤーフレーム
どこから見ても輪郭線が透過します。反対側のイメージはつかめるのですが、反対側の線が邪魔になるときもあります。

アウトライン

アウトライン
H鋼のどっちから見ているかを判断し、反対側は描写しません。現実の作業では使いやすいかと思います。

5. 部材情報表示モード

ガゼットPLなどの部材をタップすると寸法や合番が表示されます。
寸法は0点からの追い込み寸法で表示されます。

6. 表示クリア

表示されている寸法や合番を表示をやめます。

7. ログアウト

L’OCZHITからログアウトします。
ログアウトするとIDとパスワードの再入力が必要になります。
※うっかり押してしまいそうなので、「ログアウト」の表示位置を変更する予定です。