Menu

Hello.

有限会社宮村鉄工

press release

建築鉄骨業向けMRソリューションの有償トライアル延長

2018年9月28日
建築鉄骨業製造支援ソリューション(以下「本ソリューション」という)の有償トライアル期間の終了日を2018年9月30日から2018年11月30日まで延長します。対応するCADソフトが4つになり、多くのお客様の利用状況を把握する事が目的となります。

職人の働き方が変わる!作業時間が最大1/4程度に!
先進技術を利用した
建築鉄骨業向けMRソリューション提供開始

2018年6月1日
有限会社宮村鉄工は、ゴーグル型IoTデバイス(MRデバイス)を利用した建築鉄骨業製造支援ソリューション(以下「本ソリューション」という)を開発し、本ソリューションの有償トライアル提供を開始しました。初回募集では株式会社清水スチール(本社 埼玉県秩父市)を含めた5社に提供することとなりました。これまでの実証実験にて、複雑な製品の製造にかかる時間(熟練工50分程)を大幅に短縮(事務員15分程)できることを実証実験で確認しております。本ソリューションは若手技術者の獲得や育成、ミス削減による稼動効率の改善、業界イメージの向上による従業員のモチベーションアップ等が期待できます。

MRデバイス利用の様子

株式会社清水スチール様での本ソリューション利用の様子

MRデバイス利用の様子

株式会社アラコウ様での本ソリューション利用の様子

MRデバイスを通さずに見た鋼材

株式会社アラコウ様での本ソリューション利用の様子

MRデバイスを通して見た鋼材

株式会社アラコウ様での本ソリューション利用の様子

■解決できる主な課題

熟練技術の継承

図面と完成物の関係性を直感的にとらえることができ、熟練工の図面展開能力を得ることが出来る

利益率の向上

完成物の把握が短くことによる工作時間の短縮。また、図面展開ミスによる手戻りを削減することが出来る

業界イメージの向上

3K( きつい・汚い・危険) から、先進的・クリーン・簡単などポジティブなイメージへの転換を目指すことが出来る

■本ソリューションの概要

本ソリューションはWebサービスとMRデバイスアプリの2 カテゴリで構成されており、多くの建築鉄骨業者でお使いの3D CADソフト等から出力されるデータを利用することが可能です。MRデバイスアプリでは現実の鋼材と図面を合わせて見ることが可能となり、図面と完成物の関係性を直感的にとらえることが出来ます。

■本ソリューションの料金体系

初期費用
MR デバイス本体等 600,000円/台
導入時セミナー費用 100,000円/回
※MRデバイスは販売店から直接購入が必要
月額費用
Webサービス・MRデバイスアプリ利用料 100,000円/月
※料金はすべて税別
※セミナー費用は交通費別
※予定料金のため変更となる可能性があります

■有償トライアルの期間

2018年6月1日(金)~9月30日(日)
※商用サービス一般開始は2018年10月1日(月)を予定しています

期間延長しました
2018年11月30日(金)まで
※商用サービス一般開始は2018年12月1日(土)を予定しています

<実証実験の結果>

使用鋼材 H-350x175x7x11「寄棟造の隅棟部」にて実験した結果、以下の通りとなりました。
作業内容入社30年目 ベテラン職人入社6年目 一般職人罫書き経験なし 事務員
本ソリューション使用
図面確認、鋼材への罫書き25分70分0分
罫書きの確認5分10分0分
鋼材への切り板仮付け15分15分10分
切り板仮付け確認5分5分5分
合計時間50分100分15分

寄棟造の隅棟部

実証実験で作成した寄棟造の隅棟部

詳細図

実証実験で利用した詳細図

<本ソリューションの開発と運営について>

本ソリューションは株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)が運営する共同事業開発プログラム「39works」により生まれたサービスであり、ドコモの技術協力により、有限会社宮村鉄工がサービス提供・運営を行います。
https://www.39works.net/

<本ソリューションの問い合わせについて>

本ソリューションについての問い合わせは有限会社宮村鉄工が承ります。
MRソリューション問い合わせ専用フォーム

movie

A day at miyamuratech.co.jp

1st: 測量
FARO Laser Scanner Focusを用いて測量を行うため、手書きによる測り漏れや記載ミスの発生が最小限で済んでいます。
2nd: 設計
測量データを元に FARO SCENE と KeyCreator で設計とモデリングを行い、弊社共同開発のMRソリューション(※)向けにコンバートします。
3rd: 制作
MicroSoft HoloLens を装着しコンバートしたデータを表示します。

4th: 検査
現在は定規を使って検査を行いますが、将来的にはMRソリューションのみで行うことが出来るように開発を行っています。

※MRソリューション"建築鉄骨MR基盤"の共同開発会社
有限会社宮村鉄工
株式会社NTTドコモ
+素敵な友人たち

about

有限会社宮村鉄工

Corporate information

創業 1970年(昭和45年)2月
設立 1989年(平成元年)4月
代表取締役社長 宮村 博益
住所 〒782-0044 高知県香美市土佐山田町中組695

国土交通省 鋼構造物工事業許可
国土交通大臣認定工場 Rグレード

取扱業務

    • 新設建築鉄骨工事
    • 耐震補強工事
    • 増改築工事
    • 各種金物製作
    • 製缶製作
    • 仮設工事
    • 据付工事
    • プラント工事
    • 3DCAD設計
    • 建築鉄骨業製造支援ソリューションの開発と販売